貸切バスは人数に合わせてバス本体の料金を下げられる

貸切バスというのは、どの会社を利用するかにしても1つではなく、またバスもいくつかのサイズに分けられていることが多いです。
そして、だいたい3つくらいのサイズを用意しているケースが多くて、そのサイズにより収容人数も違います。
ですから、旅行などに行くときに人数がかなり多ければ1番サイズの大きなものしか選択できないということもあります。

しかし、そこまで参加人数が多くないときには、それよりも小さなサイズのバスを選んでいくこともできるのです。
貸切バスは参加人数が多くなれば、1人あたりにかかる費用は少なくなるということがメリットとして言われています。
バスのサイズが小さくなれば、それも1人あたりの費用を減らす方向に働いてくれるのです。

貸切バスを使って旅行などをするのであれば、そんなに極端に少ない人数というのは考えづらいですが、各会社の1番小さいサイズのバスでも収容可能な人数で利用するケースは十分考えられます。
ですから、そういったケースでは思ったよりも安く済んだと思えるかもしれないです。

このような案内は各バス会社が説明してくれると思いますが、貸切バスのサイズによっても費用はかなり変わってくるということは知っておくと良いでしょう。